HOME»  フリーページ»  豊富地区自社農園

豊富地区自社農園

左)畑からみた甲府盆地です。垣根式のションベルガー。
右)8月14日PM3:00頃の様子。
8月14日/綺麗に色付き始めた葡萄。
   
   
山梨県中央市豊富村は甲府盆地を一望できる丘陵地帯で昼夜の温度差があり、水質にも良く豊かな自然に恵まれた土地です。

この地では約25aの土地にドイツ系白ワイン品種のシェンベルガーを栽培しています。今秋には500㎏の収量予定。
     
Schonburger(シェンブルガー):Chasselas×Muscat Hamburg
1979年ドイツで交配、マスカット香を呈し、ピンク色の果皮を持った品種。病気に対しての抵抗力があり、
収量も多く、ドイツよりイングランドのような比較的気候の低い地域で栽培されています。イングランドでは80ha 以上の作付け面積があり、5番目に多く栽培されている品種です。
イングランドにおいては、ヴィクトリア女王時代、温室用の葡萄として極めて人気があり。造られるワインは白で、比較的フルボディ。
その美味しさに収穫の際、思わずつまみ食いすることも・・・
 
ワイナリー地図へ戻る